13日 12月 2017
競輪アナウンサーというとてもスペシャルな職業のさやかさんがフランスホームステイに参加してくれました。ホームステイ後もお一人でヨーロッパ旅行を続け、とても実りのある旅をしたようです。清潔感いっぱい、”目じから”がとても素敵な彼女。ホストファミリーはもちろん、行く先々でフランス人の人気ものでした。最近のお客様の旅のスタイルが少しずつ変更しているような気がします。以前は最短5日くらいで短いヨーロッパ滞在だったのが、最近は少しまとめてお休みを取る方が増えたように思います。これってすごく素敵なことですよね!たまには”時間”をとって、人生の”ひとやすみ”や”振り向き”の時間があればまた毎日にはりがでるような気がします。https://ameblo.jp/sayaka-neraiuchi/entry-12332861569.html

05日 12月 2017
フランスでは11月も半ばとなると12月1日からの完璧なノエルのイルミネーションに向けて各地でデコレーションの作業が始まります。12月にはいって、地中海の町、ナルボーンヌNarbonneの教会のクリスマスデコレーション。まさにシャッターチャンス!

28日 11月 2017
フランスは農業王国。めぐまれた土壌、気候が生産する農産物の豊かさは多分世界で一番。クオリティーの高い野菜、果物が安価に手にはいる国。これが本当の豊かさとだと思う。フランスの一番の魅力は?と質問されると、”農産物の豊かさ”!

23日 11月 2017
フランス人は本当におしゃべり好き。ちょっと時間があると”カフェCafe?”。そして、喫茶店に座ったらコーヒー一杯で1時間でも2時間でもずぅーーと話しまくり。特に太陽が燦々と現れる日は、(特に夏場)ここぞとばかりにテラスは”日焼け兼カフェ”を目指す人たちで大にぎわい。テラスの面積の広さを見るたびにやはりフランスという国はまだまだ土地があるなーーーと日本のテラス事情と比べてしまいます。ちなみに写真のカプチーノはテラスでいただいても2ユーロ80。(約350円)

14日 11月 2017
手前味噌になりますが、37歳ではじめてフランス語を習うようになり、話せるようになるまでたくさんのフランス語学校、プライベートレッスンに通うことになりました。語学は結局”読む”書く”話す”この3つの部門がすべてバランスよくできることが理想かなと思います。特に発音の難しいとされるフランス語については、正確なスペルを知らないと正確な発音は不可能になります。英語の基礎が少しあるだけで、フランス語を読むことはそんなにハードルが高いことではないはずです。英単語、フランス語単語、かなり似ているものが多くあるので、新聞など活字を読むことに挑戦してください😀

09日 11月 2017
フランスでも近年オーガニックワイン生産者が増える一方です。フランス語的にいえば”ビオBIO”ワン。ヨーロッパの中でもビオ消費者がかなり多いフランス。ワイン作りのひとつの大きな特徴はかなりの量の農薬が使われているそうです。そこで、健康志向の強い消費者に合わせたような傾向で、毎年市場に出回るビオワインが増えています。普段の食卓の家庭でも、レストランにいけばどこでもメニューの中にビオワインが存在します。このブームは益々続くと言われています。近いうちにワイン生産者の半分くらいはビオワインを作るのではと噂があるほどです。🍷

05日 11月 2017
今年もいよいよボジョレーヌーボの季節。といっても本家フランスでは外国よりもボジョレーヌーボに関するイベントは地味。フランス人の多くは”ボジョネーネーボなんか飲めないよー!’という反応です。つまりは”今年の葡萄の収穫のお祝い”というイベントであり、若く、熟成されていないワインを誰も喜んで飲まないということです。 それにしても今年2017年はすでにフランスワインの前評価が悪い。天候不良が厳しく葡萄の収穫が激減したのです。そんな結果に関係なく秋の黄金色の葡萄畑も哀愁が漂って素敵ですよ。

01日 11月 2017
フランスにきて”自転車の旅”をするようになりました。フランス人は自然好きで、山登り、海、川、湖、カヌー、ヨット、釣り、週末ともなれば、どこかしら田舎にいって自然に関する遊びに時間をかけます。週末の時間のすごしかたたのプロ、、、というか。多分平日、日本のように”働きすぎ”という状態でなく、みなさんエネルギーがありあまっているのも理由にあります。フランスは”仕事”よりも”私生活”が最重要事項 (^◇^;) フランスにきて私もはじめたのが”自転車”の旅。電車やバスにヒョイと自転車を持ち運べる恵まれた環境も、自転車の旅を後押しします。友達グループとトゥールーズから地中海までミディ運河沿いを230キロメートルの旅も道中3泊で!もちろん夏場で宿泊は寝袋。達成感、景色の満喫、自己満足とかなり深い思い出です。ただただ、車に乗ってどこかに到着するのではなく、到着までの景色やハプニングの臨場感は自転車の旅ならでは。何か悩んでいたり、心がすっきりしないとき、自転車の旅おすすめです。🚴‍♀️

29日 10月 2017
今回ブルターニュ地方滞在でショッキングなことを目にしました。なんとバター王国ブルターニュ地方で”バター不足”が理由でスーパーにいってもほとんどバターが手に入らない。。。バター大量消費が始まった中国への輸出のほうに生産者、業者が力を入れて肝心の地元への配給ができなくなっているとか😱クイニーアマンKouign amannの存続をすぐに心配するほど、私のなかではブルターニュでの一番好みの焼き菓子❤️

29日 10月 2017
フランス北西部に位置するブルターニュ地方。大西洋沿いに位置するこの地方の食文化は”海の幸”!どちらかというと、日本人てきには嬉しい地域。私が現在住んでいる南西ミディピレネー地方とまったく違う。マルシェにいっても漁師さんが直接水揚げした海の幸がそこらへんに販売されていてマルシェの風景も違う。いまさらながら、フランスって本当に広い国だとつくづく感心する。😁

さらに表示する